現場のための水理学

「現場の為の水理学」は1988年1月、北海道開発局土木試験所河川研究室で発行したものです。オリジナルは土木試験所月報No.411号(1987.8)~415号(1987.12)まで5回に渡って連載されたものです。本書の作成には以下のスタッフが携わりました。(役職名は当時のものです)

河川研究室室長 星清 
主任研究員 清水康行
研究員 中津川誠、渡邊和好、村上泰啓、本間隆、白川俊也
実習生 及川正則
依頼研修員 荒井信行、若松信治
岩見沢河川事務所 福田義

第​​​​​​​​​​​​​​​5回​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​河床変動計算の応用

合流点を含む河床変動計算法の解説を行います.

講師:清水 康行
  • 講師:清水 康行
  • 【プロフィール】
  • <所属>北海道大学大学院工学研究科 環境フィールド工学専攻
  • <趣味>テニス

このページのトップへ