現場のための水理学

講師:清水 康行
講師:清水 康行
【プロフィール】
<所属>
北海道大学大学院工学研究科 環境フィールド工学専攻
<趣味>
テニス

「現場の為の水理学」は1988年1月、北海道開発局土木試験所河川研究室で発行したものです。オリジナルは土木試験所月報No.411号(1987.8)~415号(1987.12)まで5回に渡って連載されたものです。本書の作成には以下のスタッフが携わりました。(役職名は当時のものです)

河川研究室室長 星清 
主任研究員 清水康行
研究員 中津川誠、渡邊和好、村上泰啓、本間隆、白川俊也
実習生 及川正則
依頼研修員 荒井信行、若松信治
岩見沢河川事務所 福田義

一括ダウンロード

移動床実験のための水理学

講師:泉 典洋
講師:泉 典洋
【プロフィール】
<所属>
北​海​道​大​学​大​学​院​工​学​研​究​院​ ​環​境​フ​ィ​ー​ル​ド​工​学​部門
<趣味>
大量飲酒.偏微分方程式.

移動床実験を行う上で必要な相似則や流れの抵抗則などについて解説します.

一括ダウンロード

土砂水理学

講師:泉 典洋
講師:泉 典洋
【プロフィール】
<所属>
北​海​道​大​学​大​学​院​工​学​研​究​院​ ​環​境​フ​ィ​ー​ル​ド​工​学​部門
<趣味>
大量飲酒.偏微分方程式.

土砂輸送理論や河床形態に関する講座です。全8回で解説します。

一括ダウンロード

河川環境の現場と数値解析との狭間を視る?! シリーズ1.川と生物の関係を探る編 

講師:堀岡 和晃
講師:堀岡 和晃
【プロフィール】
<所属>
株式会社ドーコン 水工事業本部 河川環境部
<趣味>
川を見ること、オーディオ

河川を取り巻く環境は複雑で、徐々に河川環境の劣化が進んでいる。

今後、ますます保全や復元が求められるにもかかわらず、これらの環境要因とその因果関係の調査・分析・評価は、あまり進んでいない。

数少ない事例ではあるが、これまで経験してきた河川の環境に関わる事象をわかりやすく説明することで、河川環境への理解が進み、今後の未解明の事象に向かう際に、少しでも役立ててもらえれば幸いである。

一括ダウンロード

河川の自由蛇行の数値計算

講師:清水 康行
講師:清水 康行
【プロフィール】
<所属>
北海道大学大学院工学研究科 環境フィールド工学専攻
<趣味>
テニス

2011年8月2日 北海道大学で若手研究会が開催されました。

その時の発表資料を
http://ws3er.eng.hokudai.ac.jp/yasu/pdf_files/20110812seminar_presen.pdf


講演の様子が
http://www.youtube.com/watch?v=2rXPodSqkpg&feature=player_embedded
でご覧になれます。

このページのトップへ