SRM

SRMとは?

SRM(Storage Routing Model)は,貯留関数モデルを用いた流出計算用ソルバーです.本モデルは北海道河川防災研究センター(現 (一財)北海道河川財団) 元研究所長,北海道開発局開発土木研究所(現 (独)土木研究所 寒地土木研究所)元所長 星 清 博士により開発され,室蘭工業大学の中津川 誠 博士,(一財)日本気象協会の臼谷 友秀 博士,寒地土木研究所の西原 照雅によってiRIC用のソルバーとして改良されました.本ソルバーは,2種類の貯留関数モデル ― 1段タンク型貯留関数モデル,2段タンク型貯留関数モデル ― を採用し,雨量から流量を計算する機能,また,貯留関数モデルのモデル定数を最適化する機能を搭載しております.iRICのGUIを介して,雨量データ(もしくは,雨量および流量データ)を本ソルバーに与えれば,洪水ハイドログラフを計算することができます.


ソルバーマニュアル

ダウンロード

SRMのマニュアルです。

計算事例集

ダウンロード

SRMを利用した計算事例集です。

サンプルデータ

ダウンロード

計算事例集で紹介している計算例のサンプルデータです。

このページのトップへ