Morpho2D(Nays2DHの旧ver)

Morpho2Dとは

Morpho2Dは一般曲線座標で境界適合座標を用いた非定常平面 2次元流れと河床変動計算の解析用ソルバであり,その原型は 2000年代より京都大学の竹林洋史によって開発が開始され,数々の改良の後,2009年に(財)北海道河川防災研究センターの河床変動計算用プリポストソフトウェアーRIC-Nasy※2に搭載された計算ソルバです(Version 1.0)。 その後,いくつかの機能追加等の修正が行われ,2011年 3月に iRIC Version2.0用の計算ソルバとして登録されました(Version 2.0)。

河床材料を混合粒径として扱った河床変動の計算に定評があり,河床材料の粒度の平面分布が表現可能なモデルです。また,砂州の発生・発達・移動などを精度良く再現可能です。実河川での適用例も多く,樹木や植生の影響評価,堰や岩などの河床非浸食領域と移動床が共存する場の解析などに適用されています。

ダウンロード資料について:
ログイン後,ダウンロードボタンが表示されます。

Morpho2Dソルバー

ダウンロード

Morpho2Dのソルバーです。

ソルバーマニュアル

ダウンロード

Morpho2Dの説明書です。

事例集

ダウンロード

Morpho2Dを利用した計算事例集です。

サンプルデータ

ダウンロード

Morpho2D事例集で紹介している計算事例のサンプルデータです。

Morpho2Dモデル(土木学会水工学論文集)

ダウンロード

Morpho2Dに関する参考文献です. 給水・給砂の非定常性と植生の繁茂を考慮した砂州及び流路の形成水理条件,土木学会水工学論文集,第50巻,pp.973-978,2006.

このページのトップへ