移動床実験のための水理学

移動床実験を行う上で必要な相似則や流れの抵抗則などについて解説します.

はじめに

河川の流れを模型実験で再現する場合,フルード相似則が用いられます.フルード数を合わせておけば,実現象を模型実験で再現できますし,実験で測定された流速や水深を実現象での流速や水深に変換することも可能です.それでは,移動床実験の場合はどうなのでしょう.移動床の場合はどのような相似則を考えればよいのでしょうか?この講座では相似則以外にも河川の水理実験に必要となる様々な水理学について解説します.

講師:泉 典洋
  • 講師:泉 典洋
  • 【プロフィール】
  • <所属>北​海​道​大​学​大​学​院​工​学​研​究​院​ ​環​境​フ​ィ​ー​ル​ド​工​学​部門
  • <趣味>大量飲酒.偏微分方程式.

このページのトップへ