iRIC Software Logo

ダウンロード
Facebook
ダウンロード
ダウンロード

フォーラム

混合砂解析における粒径別の流砂の連続式について

  • 2024年02月05日
  • ttt

Nays1D+のSolver Manualの式(VII.68)において,左辺第3項内に巻き上げ量(q_suk)と,沈降量(w_fk * c_bk)が含まれているように見受けられます.
こちらのソルバーでは掃流砂のみの取り扱いであると認識しており,巻き上げ量と沈降量はゼロとして扱うことが妥当かと思います.solverのプログラミングにおいてはこの点をどのように取り扱われているのかご教授頂けないでしょうか.

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

> フォーラム > Nays1D+ > 混合砂解析における粒径別の流砂の連続式について