iRIC Software Logo

ダウンロード
Facebook
ダウンロード
ダウンロード

ソルバ―

UTT

UTT(Universal Tracer Tracker)はiRICに実装されている様々な流れの計算ソルバーの計算結果 を用いて,その上にユーザーが指定する様々な物質を乗せてその軌跡を追跡,可視化するツールである. 対象とする輸送物質は完全に流れに乗って移動する場合以外に,物質自体が巡行能力を持つような場合 (典型的な例としては魚)その能力・特性を指定することによって,その動きを表現することが 可能となっているI.

UTTではトレーサー粒子の流体内の任意の位置における濃度(密度)を判断して 必要に応じて分裂(Clone)もしくは結合(Amalgamate)する機能を持つ.これによって通常はトレーサー 粒子がなかなか入りこめない剥離域やでの表示や,粒子が蓄積されて極端に見にくくなった領域での すっきりとした可視化が可能となる.

さらに,UTTでは分裂や結合を考慮した重み付き粒子濃度の表示も可能となっており,これにより 実質的なラグランジェ的手法による濃度解析が可能となっている.

なお,UTTでは流れの計算ソルバーではソルバー内でモデル化されている格子スケール以下の乱れの 影響をランダムウォークモデルを導入することにより再抽出し,格子以下乱れスケールの影響を 粒子の追跡に反映させることが可能となっており,これによってより現実的な粒子追跡や濃度拡散 の検討が可能となっている.

UTTではトレーサー粒子の流体内の任意の位置における濃度(密度)を判断して 必要に応じて分裂(Clone)もしくは結合(Amalgamate)する機能を持つ.これによって通常はトレーサー 粒子がなかなか入りこめない剥離域やでの表示や,粒子が蓄積されて極端に見にくくなった領域での すっきりとした可視化が可能となる.

さらに,UTTでは分裂や結合を考慮した重み付き粒子濃度の表示も可能となっており,これにより 実質的なラグランジェ的手法による濃度解析が可能となっている.

なお,UTTでは流れの計算ソルバーではソルバー内でモデル化されている格子スケール以下の乱れの 影響をランダムウォークモデルを導入することにより再抽出し,格子以下乱れスケールの影響を 粒子の追跡に反映させることが可能となっており,これによってより現実的な粒子追跡や濃度拡散 の検討が可能となっている.

GALLERY

> ソルバ― > UTT