参考文献

Ref:1

矢部孝、内海隆行、尾形陽一『CIP法 原子から宇宙までを解くマルチスケール解法』森北出版、2003年. ISBN 978-4-627-91831-3.

Ref:2

Kawamura, T. and Kuwahara, K., Computation of High Reynolds Number Flow around a Circular Cylinder with Surface Roughness, AIAA-84- 0340, (1984).

Ref:3

Leonard, B. P.: A stable and accurate convective modelling procedure based on quadratic upstream interpolation, Compt. Methods. Applied Mech. & Eng., 19, pp.59-98, 1979.

Ref:4

Rai, M. M. and Moin, P.: Direct Simulation of Turbulent Flow Using FiniteDifference Schemes, J. Comput. phys., 96, pp.15-53, 1991.

Ref:5

岩垣雄一,限界掃流力に関する基礎的研究 ,土木学会論文集41号 p.1-21, 1956年

Ref:6

Rubey, W. W., Settling velocities of gravel, and and silt particles, American Journal of Science, Series 5, Vol. 5, 25, 325-338, 1933.

Ref:7

Meyer-Peter, E. and Muller, R.: Formulas for BedLoad Transport. I.A.H.R., Stockholm, 1948.

Ref:8

芦田和男, 道上正規, 移動床流れの抵抗と掃流砂量に関する基礎的研究 , 土木学会論文報告集, 第206号, 1972.

Ref:9

例えば,水理公式集[平成11年度版], 河川編, 土木学会水理委員会編, 丸善(株)出版

Ref:10
  1. Itakura and T. Kishi, Open Channel Flow with Suspended Sediments, Journal of the Hydraulics Division, 1980, Vol. 106, Issue 8, Pg. 1325-1343

Ref:11

1985年頃に当時開発土木研究所の水工部長であった板倉先生から直接メモ書きで渡された近似式.

Ref:12

Lane, E.W. and A.A. Kalinske, Engineering Calculation of Suspended Sediment, Trans. AGU. Vol.22, 603-607, 1941.

Ref:13

土木学会水理委員会移動床流れの抵抗と河床形状小委員会, 移動床流れにおける河床形態と粗度 , 土木学会論文報告集第210, 1973.

Ref:14

Yalin, S.M., On the average velocity of flow over a movable bed, La Houlle Blanche, No. 1, 1964.

Ref:15

Sedimentation Engineering - Processes; Measurements; Modeling; and Practice, ASCE Manuals and Reports on Engineering Practice (MOP) No. 110, ASCE, 2008.

Ref:16

Past, present and future of a meandering river in the Bolivian Amazon basin , Kattia Rubi Arnez Ferrel, Jonathan Mark Nelson, Yasuyuki Shimizu,Tomoko Kyuka, Earth Surface Process and Landform, Volume46, Issue 4, 30 March 2021, pp. 715-727.

Ref:17

寒地土木研究所,伊波友生・山口(川村)里実氏らによる実験動画の提供受けたもの, 2021.11

Ref:18

渡邊康玄, 応用生態工学会2019若手のつどい講演資料, 2019

Ref:19

渡邊康玄, 2021年11月渡邊先生にお願いして直接書いて頂いた文章およびご提供頂いた写真

Ref:20

平松裕基, 山口里実, 岩崎理樹:置き土の設置位置がその流送過程に与える影響に関する実験, 土木学会論文集B1(水工学)Vol.77, 2021., 実験動画は山口氏のご厚意で掲載させて頂いております.

Ref:21

黒木幹夫, 岸力, 中規模河床形態の領域区分に関する理論的研究 , 土木学会論文報告集, 第342号, 1984.12.

Ref:22

山口甲, 黒木幹男, 沖積河川における砂州形態と形成領域区分について, 第18回自然災害科学総合シンポジウム講演概要集

Ref:23

池田俊介, 単列交互砂州の波高と波長 , 第27回水理講演会論文集, 1983.2.

Ref:24

木下良作, 石狩川河道変遷調査, 科学技術庁資源局資料, 36号, 1961.

Ref:25

池田俊介, 日野幹雄, 吉川秀夫, 河川の自由蛇行に関する理論的研究 , 土木学会論文報告集第255号, 1976.11.

Ref:26

Seminara,G.: Meanders, J. Fluid Mech.,vol.554, 2006.

Ref:27

長谷川和義, 沖積蛇行の平面および河床形状と流れに関する水理学的研究, 北海道大学博士論文, 1986.

Ref:28

渡邊康玄, 長谷川和義, 吉川泰弘, 早川博, 節腹連続河道の形成に関する線形安定解析 , 土木学会論文集B1(水工学), 70巻4号 p.I_991-I_996, 2014.

Ref:29

山口里実, 渡邊康玄, 節腹連続河道形状の発達過程に関する実験 , 土木学会論文集B1(水工学), 72巻4号 p.I_745-I_750, 2016.

Ref:30

Asahi, K., Shimizu Y., Nelson J., and Parker G. : Numerical simulation of river meandering with self-evolving banks , J. Geophysical Research: Earth Surface, Vol. 118, pp. 2208-2229, 2013.

Ref:31

林泰造, 基礎水理学 , 鹿島出版会, pp.136, 1996.

Ref:32

岸力, 黒木幹男: 移動床流れにおける河床形状と流体抵抗(I) , 北海道大学工学部研究報告, 第67号, 1973

Ref:33

Langbein, W.B. and Leopold, L.B., River Meanders: Theory of Minimum Variance ,referenceid=1571666. US Geological Survey Professional Paper 422-H.

Ref:34

Jorge D. Abad and Marcelo H. García, Hydrodynamics in Kinoshita-generated meandering bends: importance for river-planform evolution

Ref:35

National Park Service, Alatna River

Ref:36

国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所 武内所長,三浦技官にご案内頂き撮影したもの.空撮静止画像 , 動画

Ref:37

現場のための水理学, 北海道開発局土木試験所河川研究室(現 国立研究開発法人), 1988年1月

Ref:38

Engelund F., Flow and Bed Topography in Channel Bends , Journal of the Hydraulics Division, Proc. of the ASCE, Vol. 100. No. Hy11, 1974.

Ref:39

渡邉明英, 福岡捷二, 安竹悠, 川口広司, 河道湾曲部における河床変動を抑制する樹木群水制の配置方法 ,河川技術論文集,第7巻,pp.285-290,2001.

Ref:40

西本直史, 清水康行, 青木敬三, 流線の曲率を考慮した蛇行水路の河床変動計算 ,土木学会論文集, 1992 巻 456 号 p. 11-20, 1992.